Dockerのインストール

本ドキュメントでは多くの場面でDockerを使った処理を多く行います。
そのため、事前にDocker及びdocker-composeを入れておく必要があります。
なお、Raspberry Piについては現時点ではDockerのみで行います。

Ubuntu

apt-getコマンドでdockerをインストールし、サービスを起動します。

sudo apt-get install docker.io
sudo systemctl start docker

次にdocker自体が動作するかを確認します。

sudo docker run hello-world

次に一般ユーザで作業をするためにdockerグループにユーザを追加します。

sudo usermod -aG docker $USER

これで一旦リブートをして再度ログインして、一般ユーザで動作するかを確認します。

docker run hello-world

最後にdocker-composeをインストールします。

sudo apt-get install curl
sudo curl -L "https://github.com/docker/compose/releases/download/1.25.0/docker-compose-$(uname -s)-$(uname -m)" -o /usr/local/bin/docker-compose
sudo chmod +x /usr/local/bin/docker-compose

Mac

Docker desktop for Mac をインストールします。

インストール後にターミナルでdockerが動くのを確認します。

docker run hello-world

docker-composeコマンドはDocker Desktopに含まれます。

Raspberry Pi (Rasbian OS)

apt-getコマンドでdockerをインストールし、サービスを起動します。

sudo apt-get install docker.io
sudo service docker start

ディスクサイズ対策

クラウドなどの構成でrootデバイスに対して空き容量が足りない場合は、Dockerイメージを保存する場所を変更する必要があります。

まずはDockerを停止します。

sudo systemctl stop docker

今回は例として /mnt 上にDockerのスペースとなるディレクトリを作成します。

sudo mkdir /mnt/docker

次に、/mnt/dockerにディスクをマウントしてフォーマットなどをします。

次に /etc/docker/daemon.json を作成します。
このファイルは基本となる設定から追加となる設定のみを記述します。
今回は graph という値を作成します。

sudo vim /etc/docker/daemon.json
cat /etc/docker/daemon.json
{
  "graph": "/mnt/docker"
}

最後にDockerを再起動します。

sudo systemctl start docker

results matching ""

    No results matching ""